森風舎ニュース


  1. ホーム
  2. » 森風舎ニュース
  3. » 寒い冬は薪風呂のススメ

寒い冬は薪風呂のススメ

2012/12/23 [散歩道]

寒い冬は体があったまる風呂は最高のごちそうだ。夕暮れになると風呂を焚く。そう、風呂は焚くもので(湯を)入れるものではなかった。ぼくは生まれてもう 59年になるが我が家はずっと風呂を焚いてきた。一時灯油の火炎放射器のようなボイラーをセットして焚いていたこともあったが、もう何十年も薪をくべての 直焚きである。

風呂釜はタカラの直焚きホーロー浴槽、この前20年近くなる釜を更新した。夕暮れになると水を落とし(太陽風呂を経由しているから冬でも陽があると少しは あったまっている)前夜の灰を除き薪をくべる。田舎だから薪は家の周りにいくらでも調達できるのだ。昔は競うようにして里山から薪を採っていたが、今は田 舎でも電化が進み薪を使うこともまれになった。そんなんだから燃料はあまるほどある。それに木は伐っても自然更新してくれるからありがたい。

ぼくは風呂を焚く時間が好きだ。火をみてると心が落ち着く。浴槽に手を漬けて湯加減をみる。身体感覚でおしはかる。どんどん薪をくべ火が勢いづくともう安心、あとは時々火をつくろっておけばよい。さあ、夕食の用意にかかろう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
このページの上へ
  • 香川の環境
  • かがわ木造塾
  • 関西登高会
  • 香川県地球温暖化防止活動推進センター
  • 四国EPO
  • FoE Japan
  • 樹恩ネットワーク
  • ふらっと高松
  • 国営さぬきまんのう公園