森風舎ニュース


  1. ホーム
  2. » 森風舎ニュース
  3. » 土壁は究極のエコ建材

土壁は究極のエコ建材

2012/01/22 [散歩道]

土壁は究極のエコ建材。「土壁はさぬきのうどんである」と言った人がいる。身近にあるとあたりまえだが、県外に出てうどんを食べると、さぬきうどんのうまさがよくわかる。経験と技で練られたさぬきの手打ちうどんは格段にうまいのである。

土壁が使われる家づくりは、全国的にみるとかなり減っているが、香川はまだまだつくられている。土壁の家がつくられるには、それを求める住まい手が いること、壁土となる良質の土があること、壁土をつくる業者さんと土壁をつくる職方の人たちがいることの三点が上げられ、どれが欠けても土壁は衰退する。 また、夏の蒸し暑い瀬戸内の気候が、吸湿性に優れている土壁を求めているといえよう。

昔、親が建てた家づくりを思い出す。今のようにハウスビルダーによる家づくりが一般的になる前の話。製材所、大工、左官、屋根屋、板金屋、電気屋、 建具屋、と主な職種の人たちを直接雇うかたちで家づくりは進められた。元祖直営方式だ。基礎づくりは父親が中心になり大工さんを手伝い、材木は地元の製材 所で山から降ろした木を製材して手当した。製材所で刻まれた材木は現場に運ばれて組まれる。棟上げの日は近所の人たちが「手間換え」で手伝いに来てくれ た。今で言えば自治会の小イベントみたいなもので男衆は現場、女衆は台所を手伝った。

人が多いから、みんなできることを次ぎ次ぎにやり、貫を入れ壁小舞まで一日でほぼ終えてしまう。素人がやるのでアバウトな面も多く、おおらかな家づ くりである。今のように耐力壁がどうの、小舞の割付がどうした、土の強度はあるのかなどと細かいことは言わない。全てが経験則の世界。小舞竹は近くに生え ているものを切り、(この頃はどの家の屋敷にも小舞用の竹があった)専用の器具で竹を割るのは子供の仕事である。元をこれにあてがい、割れ目をつけて竹を 持って走り割っていく。子供といえども家づくりの一役を担う。大人が現場を計って切り合わせ、運ばれた竹は数人の手で編みつけられて、あっという間に家の かたちがみえてくる。竹は生だったが、土壁の乾燥にたっぷり時間をとるので、土といっしょに自然に乾いたのだろう。足掛け二日で小舞は組あがり、これから 土付けとなる。

壁土は左官さんが段取りして現場に入った。たぶん土屋さんから仕入れたのだろう。それに近所の農家で分けてもらったスサの稲藁を切り込み、水あわせ と数回の切り返しで土とスサが馴染むのを待った。やがて程よく粘りが出てくる。荒壁付けは大直しを含めて父の仕事である。子供には壁土を差し出す仕事が回 され、塗り手と呼吸がかみ合って、その場の空気感が心地よい。左官さんの出番は中塗りからで、このように小舞掻き、荒壁付けまで自分たちでしていた。今は 「住まい手と共につくり・・・」などと言っているが、かつては住まい手自信で相当部分をつくるのが普通であったのだ。スローライフなどおしゃれな言葉は聞 かなかったが、時間の流れがとてもスローだった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
このページの上へ
  • 香川の環境
  • かがわ木造塾
  • 関西登高会
  • 香川県地球温暖化防止活動推進センター
  • 四国EPO
  • FoE Japan
  • 樹恩ネットワーク
  • ふらっと高松
  • 国営さぬきまんのう公園