森風舎ニュース


  1. ホーム
  2. » 森風舎ニュース
  3. » 風呂の改修2

風呂の改修2

2011/10/06 [住宅]

この様子なら案外工事が終わるのが早いかも知れない。
既存の撤去後三日目で浴槽が据わった。

前は青だったが今度は白にした。最近は色を決めることに迷わなくなり、特別に意図するところ以外は白でいく。昔はあれこれと色決めに迷っていたが、最近はで迷うことがない。

色きめの規準は、
使う材料を限定し、素材そのものがもっている色を生かすことに決めたため迷う必要がなくなったわけだ。

やはり時代のながれで、このような薪風呂は「絶滅危惧種」的なものか、風呂がつける職人(左官職)は少ないようだ。でもこれからはまたこのようなスローなライフスタイルが見直されるのではないかと、
ぼくは思っている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

築炉ユニットを設置しているところ。
昔はこういうのはなく、左官さんは経験と勘で耐火煉瓦をついていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浴槽が据わりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

立上のレンガも積み終わり、あとは仕上げになります。

このページの上へ
  • 香川の環境
  • かがわ木造塾
  • 関西登高会
  • 香川県地球温暖化防止活動推進センター
  • 四国EPO
  • FoE Japan
  • 樹恩ネットワーク
  • ふらっと高松
  • 国営さぬきまんのう公園