森風舎ニュース


  1. ホーム
  2. » 森風舎ニュース
  3. » 母屋の刻みが進みます

母屋の刻みが進みます

2010/09/16 [住宅]

今日、建て主さんと共に監督さんの案内で、
母屋の木の加工(刻み)の現場を訪れました。
上具(梁桁類)の木材がうずたかく積まれ、中川棟梁が仕事をされていました。
この状況・・・ぼくは大好きです。
これから組みあがるであろう木の刻みをしている大工さんの仕事姿が美しい。
うず高く積まれた木々、仕事の成果です。
建て主さんの想いが一歩づつ具体的なかたちで見えてきますね。

100916-1

梁の継手加工をしている中川棟梁、熟練された手の動きに見とれます。

100916-2

刻まれた材を前に監督さんの説明が続きます。

100916-3

加工を終えた木々たち。
かがわヒノキの土台、大引です。

このページの上へ
  • 香川の環境
  • かがわ木造塾
  • 関西登高会
  • 香川県地球温暖化防止活動推進センター
  • 四国EPO
  • FoE Japan
  • 樹恩ネットワーク
  • ふらっと高松
  • 国営さぬきまんのう公園